総量規制対象外 消費者金融

消費者金融からお金を借りられるのは、自分の年収の3分の1まで、というのが一つのルールになっています。

 

貸金業法による総量規制が始まったことで、お金の借りすぎに注意するべきと、国が規制を始めたものです。

 

ここでは、総量規制の基本的な知識と年収の3分の1を超える融資を受けるためのノウハウについてご紹介します。

 

 

■総量規制とは?

 

2010年6月18日から施行された改正貸金業法では、新しい仕組みの1つとして「総量規制」が加えられています。

 

総量規制は、貸金業者が個人にお金を貸すときは、「利用者の年収の3分の1まで」にしないといけない、というものです。

 

たとえば、年収が300万円ある人なら、

 

 300万円÷3=100万円

 

が融資を受けられる上限になるというものです。

 

総量規制が始まったことで問題となっているのは、本人に収入のない専業主婦や無職の方の融資です。

 

これまで消費者金融から借入れをしてきた専業主婦や無職の方は、総量規制が始まって以降、消費者金融からの借入れができなくなっています。

 

そのため、総量規制対象外となるキャッシングの方法に注目が集まってきています。

 

 

■総量規制対象外のキャッシングについて

 

消費者金融はすべて貸金業法を守らなければなりませんので、無職の方が消費者金融からお金を借りることはできません。

 

しかし、銀行や信用金庫は、貸金業法の規制を受けていませんので、独自の基準で専業主婦や無職の方に優勝している場合があります。

 

本人に収入のない方に対する融資で定評があるのは、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。

 

バンクイックは、「年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人」であれば、申込みできるとしています。

 

本人に収入がない方への限度額は「30万円以内」となっていますが、融資を受けることは可能です。

 

バンクイックの申込みに必要になるのは、運転免許証や健康保険証・パスポートなどの本人確認書類だけです。
本人確認書類を用意し、バンクイックのサイトにアクセスしてみてください。

主婦が借入するには

しかし、主婦が融資を受ける場合には、どうしたら良いでしょう。専業主婦の場合は総量規制がありお金を借りることは難しくなりました。しかし、使用限度額は30万円ぐらいと低いのですが、本人証明さえあれば、ご主人の同意書などの必要なく、融資を受けることができるところもあります。急な出費に備えて、銀行系のカードローンなどは用意しておいても良いかもしれません。パートやアルバイトなどしている主婦の方であれば、選択範囲はもっと広げることができるでしょう。借入を考える際には、関連サイトなどで、実質年率や返済方法を確認してください。
バンクイック審査口コミ【※バレずにこっそり借りたい専業主婦の方へ】

消費者金融は非常に便利

消費者金融から借りるとその便利さに驚かされます。
なんといっても一番は審査が早いことでしょう。
すぐにお金が欲しい人にとって審査が早く即日で融資してもらえるのは本当に助かります。

 

また、仮審査もネット上で簡単に出来ますし24時間どこからでも申込が可能です。
店舗が近くにない人はネットで申込し審査を受けることも出来ますし、無人契約機を使えば誰かに気を使わずとも契約ができるのです。

 

また相談しながら借入したい人は店舗に行けば担当者に相談できますから、自分に合った契約が出来ます。
しかもお金の引き出しや返済はATMで簡単に出来ますから、コンビニなどが近くにあればそれで事足りるのです。

 

現在では、無利息サービスなども充実しており消費者金融は昔の悪いイメージから大きく変わっています。